長野の2養豚場で豚コレラ 112頭殺処分

 長野県は19日、高森町で同じ農家が経営する二つの養豚場の豚が、豚コレラに感染していたと発表した。県は飼育している計112頭の殺処分を始めた。県内では、14日に県畜産試験場(塩尻市)でも豚コレラが確認されていた。

 県によると、17日に養豚場で発熱症状のある豚が見つかり、血液検査をした結果、18日に陽性反応が出た。より詳しく調べるため、豚を解剖して遺伝子検査していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ