ワクチン接種を表明 豚コレラ対策で農水相 防疫指針改定

 江藤拓農水相は20日、豚コレラの防疫対策本部の会合後に記者会見し、養豚場の豚へのワクチン接種実施に向けて防疫指針の改定に着手する方針を正式に表明した。農林水産省はこれまで豚へのワクチン使用について慎重姿勢を続けてきたが、方針を大きく転換した。

 ワクチンの増産を製薬会社に要請する方針も正式に示した。農水相は「できるだけの数を確保したい」と述べた。

 豚コレラは豚やイノシシに感染する伝染病で、昨年9月に国内では26年ぶりに発生が確認された。農水省は豚にワクチンを使うと豚コレラを撲滅していると国際機関が認定する「清浄国」への復帰に時間がかかり、輸出に支障が出かねないなどとして接種には否定的だった。ウイルスを媒介する野生イノシシ対策に重点を置いてきたが、感染拡大が止まらないため方針転換を迫られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ