物資補給機こうのとり、24日打ち上げ 火災対策を実施

 三菱重工業は20日、物資補給機「こうのとり」8号機を搭載したH2Bロケット8号機を24日午前1時半ごろ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の種子島宇宙センター(鹿児島県)で打ち上げると発表した。当初、打ち上げを予定していた11日に発射台で火災が発生し、延期していた。

 出火原因について同社は「燃料の注入中に、エンジンの排出口から酸素が発射台の耐熱材に吹きかかり続け、発生した静電気が発火源となり延焼した可能性が高い」と説明。対策を講じ、機体と設備が正常なことを確認したとしている。

 こうのとりは国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人宇宙船。8号機には飛行士の生活に必要な水や食料、観測装置など計約5・3トンを搭載する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ