マンガアニメ見本市「京まふ」 京アニ犠牲者に黙祷

 西日本最大級の漫画・アニメの見本市「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」が21日、みやこめっせ(京都市左京区)などで始まった。京都アニメーションでの放火殺人事件を受け、京アニへの募金箱や応援メッセージを寄せるコーナーが設置された。

 京まふでは、出版社やアニメ制作会社など約70の企業・団体が出展し、漫画やアニメの物品販売のほか、トークショーなどのイベントが22日まで開催される。ロームシアター京都(同区)で開かれたオープニングセレモニーでは冒頭、参加者全員が事件の犠牲者に黙祷(もくとう)をささげた。

 京アニへのメッセージコーナーでは、自分の思いをノートや付箋(ふせん)に書き込むことができ、後日京アニに届けられる。兵庫県川西市の会社員、梶原勝さん(52)は「けがをした方が一日も早く回復することを祈っています」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ