神戸の小学教諭4人、後輩教諭に嫌がらせ

 神戸市教育委員会は4日、同市須磨区の市立東須磨小の20代男性教諭が昨年以降、同じ学校の先輩教諭4人に嫌がらせを受けていたと発表した。無料通信アプリで性的メッセージを送るよう強要されたり、車内で飲み物をこぼされたりしたという。被害教諭は「目に激辛ラーメンの汁を塗られた」などとも訴えており、市教委で詳しい状況を調査している。

 また、4人のうち男性教諭2人が他の教員3人に対しても、ポンコツという意味で「ポンちゃん」と呼ぶ暴言やセクハラ行為をしていたことが判明。市教委は今後、4人の処分を検討する。

 市教委によると、4人は同じ学校の30~40代の男性教諭3人と女性教諭1人。嫌がらせは昨年から始まったとみられ、4人から個別に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で別の女性教員に性的なメッセージを送らされたほか、車内で飲み物をこぼされたり、ロール紙の芯で尻をたたかれたりした。「ハゲ」「ボケ」「カス」などと暴言を吐かれたこともあったという。

 市教委は、被害教諭が「(4人に)目や唇に激辛ラーメンの汁を塗りたくられた」「羽交い締めにされて無理やり激辛カレーを食べさせられたり、体にカレーをつけられたりした」などと訴えていることを認めたが、詳細については「事実関係を調査中で差し控えたい」とした。

 今年6月、別の教員らが教頭に嫌がらせ行為などについて相談。同校は翌月、市教委に具体的な内容を説明しないまま「人間関係のトラブルがあった。校内で解決した」と報告したが、被害教諭の家族から9月、市教委に嫌がらせの訴えが寄せられたという。

 被害教諭は9月から「病気欠勤」を続けている。市教委は10月から加害側4人を休ませ、同校では教諭5人が不在で補充が必要なことから、教員ら4人を7日付で同校に異動・兼務させる。

 市教委は4日に会見を開き、「児童や保護者をはじめ市民の信頼を裏切る行為。深くおわびする」と謝罪した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ