大嘗宮木材、バイオマス発電に再利用

 宮内庁は9日、皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の舞台となった「大嘗宮(だいじょうきゅう)」の解体後の木材について、バイオマス発電の燃料に再利用すると発表した。

 大嘗宮にはカラマツやスギなど多くの木材が使われた。無乾燥の部材や、接続部にくぎ穴や溝などがあり、住宅建材には不向きなことから、燃料として再利用することが決まった。建物を囲う柴垣や砂利などは公園で活用される予定。

 一方、皇居・東御苑で開催された大嘗宮の一般参観は8日に終了し、11月21日からの18日間で約78万2千人が訪れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ