秋篠宮ご夫妻、首里城ご覧に 育樹祭式典ご臨席

 沖縄県を訪問していた秋篠宮ご夫妻は15日、宜野湾市で開かれた「第43回全国育樹祭」の式典に臨席し、帰京された。式典の後には、10月末の火災で主要な建物が全焼した那覇市の首里城近くに立ち寄り、玉城デニー知事から説明を受けられた。

 ご夫妻は同日午後、火災で焼けた首里城の北殿などを望む沖縄県立芸術大学の敷地の一角に立ち、火災前後の首里城の写真パネルを見ながら説明を聞かれた。秋篠宮さまは「当日は少し風が強かったんですか」などとご質問。玉城知事によると、この日の昼食の際にも、文化財の焼失状況などについて尋ねられたという。

 これに先立ち、育樹祭の式典で、秋篠宮さまは「かけがえのない豊かな森林を後世へと引き継いでいくことは、人類はもとより、地球上に暮らす数(あま)多(た)の生き物たちにとって大変重要なこと」と述べられた。

 ご夫妻はこの日、県内で伝統染物の「琉球びんがた」の工房や、沖縄空手の演武なども見学された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ