両陛下、宮城県にご到着 被災者お見舞いへ

 天皇、皇后両陛下は26日午前、今年10月の台風19号などの被災地を見舞うため、羽田発の特別機で宮城県に入られた。被害が大きかった同県丸森町と福島県本宮市を日帰りで訪問される。両陛下の被災地訪問は5月の天皇陛下のご即位後、初めての機会となる。

 両陛下は同日午後、仙台空港から自衛隊ヘリで宮城県丸森町に入り、河川の氾濫状況をご視察。現地では被災者を見舞うほか、災害救助や復旧活動に尽力した関係者をねぎらわれる。両陛下は再び自衛隊ヘリで福島県本宮市に移動し、被災者を励まされる。同日夜に福島空港から特別機で帰京される。

 台風19号では阿武隈(あぶくま)川などが氾濫し、宮城県丸森町で10人、福島県本宮市で7人が犠牲となった。両陛下は即位関連行事が続く最中も被災地を案じられ、今月4日に行事が終了したため年末の訪問となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ