スニーカーエイジ 大谷高が準グランプリ 京都

 大阪市北区のグランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)で28日に開催された高校・中学の軽音楽系クラブコンテスト「第40回記念大会 We are Sneaker Ages(スニーカーエイジ)」(産経新聞社・三木楽器グループ主催、大阪芸術大学グループ特別協賛)のグランプリ大会。京都府内からは高校5校と中学1校が出場し、大谷高が準グランプリ校賞に輝いた。このほか、京都光華高が大阪芸術大学賞、京都光華中がベストスマイル校賞を受賞した。

 「軽音楽の甲子園」とも呼ばれる同コンテストのグランプリ大会には、8月の予選会を勝ち抜いた高校18校と中学2校の計20校が出場。3年連続4回目の大谷高は、Aimerの「Black Bird」を披露。黒色の衣装で統一したメンバーは、力強いパフォーマンスで観客を魅了した。キーボードの今井依子さん(2年)は「歌が持つ独特な世界観を表現でき、大舞台を楽しめた」と声を弾ませた。

 3年ぶり18回目となる京都光華高は、Queenの「Bohemian Rhapsody」にチャレンジ。ドラムの安東京夏さん(3年)は「原曲を忠実に再現することを心掛け、ロックな世界観を出し切った」と満足げ。

 初出場の京都光華中は、京都アニメーション作品「けいおん!」に出演する声優ユニット「放課後ティータイム」の「NO,Thank You!」を演奏。ドラムの井尻真麻さん(3年)は「メンバー6人が120%実力を出し切った」と笑顔をみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ