京都・由良川で産卵のイクラが水族館で孵化

 京都水族館(京都市下京区)で京都府北部の由良川のサケが産卵した卵の孵(ふ)化(か)が始まった=写真(永田直也撮影)。

 卵は「サケのふるさと由良川を守る会」(京都府福知山市)が保護活動のために採卵したもので、同水族館に約200個が預けられた。

 孵化間近になると赤い卵の中で目が動く様子が確認され、まもなく体長1センチほどの仔(し)魚(ぎょ)が卵から勢いよく飛び出した。約2カ月間飼育、展示され、3月上旬に由良川に放流されるという。同館の担当者は「イクラの孵化から、サケの一生に興味をもってもらえれば」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ