首里城復興向け専門家議論 沖縄県、基本方針策定へ

 沖縄県は28日、火災で主要施設が焼失した首里城(那覇市)の復興の基本方針策定に向け、有識者懇談会の初会合を那覇市で開いた。歴史や文化、観光の専門家らの議論を踏まえ、3月末までに基本方針を決める予定だ。

 会合に出席した玉城デニー知事は冒頭あいさつで「昨年度中に基本方針を取りまとめ、早期の復旧、復興に取り組む」と強調した。「数多くの支援が寄せられ、復旧を願う全ての人々の励みになっている」とも述べた。

 県は、懇談会の議論を踏まえて方針を取りまとめ、今年度以降に復興への具体的な計画づくりに取りかかる。

 政府は再建を巡り、平成4年の沖縄復帰20周年を記念して主要施設を復元した前回計画の踏襲を原則とし、防火対策の強化も柱とする基本方針を既に決定している。

 火災は昨年10月31日午前2時半ごろに発生し、正殿や北殿などを全焼した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ