“見ると幸せになれる”新幹線、ドクターイエロー走行でネット大盛り上がり! 「本当に走ってるんだ!」「いいことあるかな」

 運転回数が少なく、見る機会が限られるため、「見ると幸せになれる」と縁起物扱いされる黄色い新幹線、通称“ドクターイエロー”(電気軌道総合試験車)の目撃談が7日、相次ぎ、SNSが大盛り上がりとなった。

 この日のドクターイエローは東日本から西日本にかけて走行していたようで、シンガー・ソングライターの大石昌良(40)もその目撃者の1人だ。この日、大石は自身のツイッターで「ドクターイエローに遭遇」と投稿。そこには新幹線の駅のホームに立つ大石の背後をドクターイエローが通り過ぎる動画も添付されていた。このツイートが拡散すると、リプ欄に「うらやましい!」「偶然で見れたのはすごい」などのコメントが集まった。

 各地でも目撃情報が相次ぎ、SNSには「午前中、打ち合わせ中に窓の外見たらドクターイエロー走ってた。いいことあるかな」「信号待ちしてたらドクターイエローが走ってった!!テンション上がる!人生で3回見たなぁ」「息子ちゃんに新幹線を見せようとして待ってたらいきなりドクターイエローがきてわたしが満足した」などの書き込みが殺到。初体験ユーザーによる「ウオオオオオオ!ドクターイエローはじめてみた!本当に走ってるんだ!」「ヤベぇ!!ドクターイエロー見たわ!!!?」という興奮を隠し切れないツイートも目立った。

 また、鉄道ファンらしく、ドクターイエローを“実況中継”をするユーザーも多かった。ツイッターには「少し冷え込む豊橋駅を13:09頃に黄色い稲妻の如く下っていきました」「13時28分名古屋駅にのぞみ検測ドクターイエロー到着」「13時47分米原市を無事に通過しました」「ドクターイエロー下り。天下分け目の関ヶ原を通過」「14:11 大山崎付近通過」などの投稿も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ