京産大で出題ミス、合否に影響なし

 京都産業大(京都市北区)は10日、2日に実施した一般入試前期日程の選択科目「日本史」で出題ミスがあったと発表した。受験した814人全員を正解とし、13日の合格発表の前に判明したため、合否に影響はないとしている。

 同大によると、出題ミスがあったのは、日米和親条約に関する説明として誤った内容を記述した選択肢を解答する問題で、解答の選択肢に正答がなかったという。入試問題の実施後点検を依頼していた外部からの指摘で判明した。

 同大は「多大な迷惑をおかけして心からおわび申し上げる。チェック体制を一層強化して、再発防止に取り組む」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ