「満点目指さないで」 新聞協会が働く女性を応援するイベント

 仕事と育児の両立に悩む母親を応援しようと、日本新聞協会は10日、子育て中に起業した女性らが経験談を語るイベントを東京都内で開いた。登壇者は「100点を目指すと自分を追い詰めてしまう。課題を大きくしないこと」と語った。

 子供を連れた母親ら約80人が参加。登壇したスタイリスト、大草直子さんは「女性はがまん、男性は思いきり働くという(社会の)ベースがまだあるが、家族でよく話し合いながらキャリアをつくって」と呼び掛けた。

 サンケイスポーツからフリーライターに転身し、再び会社に戻った竹下聖さんは「会社員時代のひたむきさを見た人から仕事をもらえたりする」と指摘。「自分が楽しいと感じることをやると、道が開ける」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ