餃子・焼きそば・うどんも参戦 松山で“なんでもあり”こなもんサミット

 「こなもんグルメ」が勢ぞろいし、人気投票でグランプリを決める「全国ご当地こなもんサミット2020 in 三津浜」が2月15、16の両日、松山市で開かれる。エントリーしたのは、こなもんの王道、たこ焼きのほか、ギョーザや焼きそばなど多種多様だ。

松山のソウルフード

 同サミットは平成27年に愛媛県内の大会として始まり、28年2月は中四国大会として開催。同年11月、ゆるキャラグランプリとの併催で全国大会へとステップアップした。6回目の今回は北海道から大分県までの16団体がエントリーした。

 このうちの一つが、地元・松山のソウルフードと呼ばれるお好み焼き「三津浜焼き」。全国的な知名度はいまひとつながら、第1回、第3回の大会でグランプリを獲得し、「永久殿堂入り」している。

 三津浜焼きは、広島のお好み焼きに似た重ね焼きで、焼きそばかうどんの麺が入る。麺は鉄板で焼く段階から味をつけ、生地にキャベツとともに重ね、といた卵の上に乗せて、ひっくり返して半分に折る。

 地元には「平成船手組三津浜焼き推進プロジェクト」があり、松山市内を中心に31店舗が加盟しているほどの人気だ。

 特に、漁業で栄えた町として知られる三津浜地区には約20店舗がある。1月15日に開かれたエントリー団体の試食会で、食文化・料理研究家の中村和憲さんは「海の人たちは忙しく体力を使うので、おなかがいっぱいになるよう焼きそばやうどんが入り、野菜はたっぷり。ダイナミックでどんとして、ソースもきりっとしている。浜の潔さがある」と魅力を話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ