求められる平穏な世界 「ハマスホイとデンマーク絵画」 

 童話作家のアンデルセンを生んだ北欧のデンマーク。同国を代表する画家たちの絵画を集めた「ハマスホイとデンマーク絵画」展が、東京・上野の東京都美術館で開催されている。国連の「世界幸福度ランキング」で何度も1位に輝き、「幸福の国」といわれている国から届いた穏やかな作品は、見るものに安らぎを与えてくれる。(渋沢和彦)

 20世紀初頭のフランスでフォービスムやキュビスムなど新しい美術が勃興した時代、デンマークではまったく異なる美術が花開いていた。それを代表する画家が、世紀末から20世紀前半に活躍した巨匠、ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864~1916年)だ。その作品は「室内-開いた扉、ストランゲーゼ30番地」のように、静けさに包まれている。開かれたドアと奥に広がる部屋。床には人が暮らす黒い痕跡が残るが、人の姿も家具もない。まるで引っ越してしまったように閑散としている。

 タイトルにあるストランゲーゼ30番地は、ハマスホイ夫妻が1898年から1909年まで暮らしたコペンハーゲンの旧市街の住所。17世紀建造の古風な建物で生活したことで、室内画の名作が生まれることとなった。約400点のうち3分の1は室内画だという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ