時代に逆行、岡山市役所に喫煙所が復活 一体何があった?

 屋内施設での喫煙を原則禁止とする改正健康増進法が4月に全面施行されるなど、喫煙に対する風当たりが厳しさを増す中、岡山市役所に2月、喫煙所が復活した。市庁舎を全面禁煙とした昨年7月からの方針転換だ。何があったのか。

昨年7月に灰皿すべて撤去したが…

 岡山市のJR岡山駅周辺では、3カ所ある喫煙所のうち1カ所が2月から、加熱式たばこ限定となり、煙の出る紙巻きたばこは吸えなくなった。喫煙所の周囲に覆いがないためだ。この喫煙所は横断歩道わきの岡山市有地で、担当者は「真下に地下街があり、覆いを建てようにも土台をつくるスペースがなかった」と説明する。

 約15年前には岡山駅、巨大商店街のある表町の周辺には59カ所の喫煙所があった。しかし平成19年9月に5カ所に集約され、22年に3カ所に減少。往時からは隔世の感がある。

 そして岡山市庁舎。改正健康増進法の一部施行で、市役所などの行政機関の庁舎、病院、学校は昨年7月から敷地内は全面禁煙となった。市ではこれを受けて敷地内にあった灰皿をすべて撤去。完全禁煙を実現した。

 だが…。

スモーカーはどこへ行った

 「上だよ上」

 職員らが指を上にさし、エレベーターに乗り込んでいく。9階建ての市庁舎の屋上に行くと、東側の一角に真新しい灰皿が3つ。職員らが20人近く集まり、歓談していた。屋根がなく、白線のみで仕切られた10メートル四方の領域は、新たな「喫煙所」だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ