クルーズ船乗客は不安「大丈夫か」 陰性は19日から下船方針

 ウイルス検査で陰性となれば、健康観察期間が満了する19日から下船するという厚生労働省の方針を受け、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では15日、今も続々と新たな感染者が判明していることもあり、乗客から「下船直前に検査をしなくて、本当に大丈夫なのか」と不安の声が上がった。

 乗船中の男性(64)によると、15日に船の運航会社の社長名で手紙が届き、18日に検査を実施し、21日から下船できる可能性があると記されていた。「19日から下船」という厚労省発表と食い違っており、男性は「どちらを信じて良いのか分からない」と首をかしげる。

 男性は15日に検査を受けた。「乗客は船内を移動している乗員と接触しており、19日までの間に感染しないと言えるのか」と疑問を呈した。米国政府が米国人乗客らを船から下ろし、17日に帰国させると発表したことは「自国民を船内に置いておけないと判断したのだろう」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ