相掛かりの戦型に 将棋の棋王戦第2局

 将棋の渡辺明棋王(35)に本田奎五段(22)が挑戦している第45期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第2局は16日午前9時、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで始まった。開幕局を制した渡辺棋王が8連覇に前進するか。新鋭の本田五段がタイに戻すか。

 本田五段の先手番で、注目の戦型は相掛かりに。挑戦者が得意の戦法を棋王が堂々と受けて立つ形になった。両者、時間を使いながら慎重に駒組みを進めている。

 立会人は田中寅彦九段。持ち時間は各4時間で16日中に決着する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ