新型コロナ感染拡大 病床確保の要請に対応追われる自治体 「どれだけ…」戸惑いの声も

 16日もさらに国内で拡大した新型コロナウイルスの感染。各地の自治体は、感染者増加に備えて「事前対応」に追われている。厚生労働省は都道府県などに対し、医療態勢の強化や患者を搬送する受け入れ先の医療機関の病床確保を要請しているが、大量の病床を早期に確保するのは難しいのが現実。そもそも、どの程度病床を確保すべきかも分からず、自治体側には困惑も広がる。

 「最悪の状態に備える必要があるのは分かるが、県内で感染者が1人も確認されていない現状で、どれだけ準備をすればいいのか」

 東日本のある県の感染症対策担当者は、戸惑いを隠せない様子で語った。

 厚労省は9日以降、全国の自治体に入院病床の確保を要請。横浜港のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で多数の感染が確認されたことを踏まえ、ウイルスが外部に出ないようにする設備が整った「感染症指定医療機関」以外に一般病院でも感染患者を入院させることが可能だとした。

 また、12日には、新型インフルエンザの国内発生時の対策として事前に定めた「入院医療機関」の活用を優先的に検討するよう通知した。入院医療機関は数も多く、県によっては数十あるが、感染者が多数になった場合、受け入れはそう簡単にはいかない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ