かんきつ王国の大暴落を救ったイヨカン 果樹園で偶然発見、今年の出来も上々

 香りのよさで人気のイヨカンが本格的な販売シーズンを迎えた。市場に出回る季節が入試時期と重なることから、関係者は「いい予感」との語呂合わせでPRもしており、多くの消費者に親しまれるようになった。このイヨカン、実は歴史をひもとくと、温州ミカンの価格大暴落時にかんきつ王国・愛媛に現れた救世主だったという。

誕生は山口県萩市

 イヨカンのルーツは山口県萩市。地元では「穴門(あなと)みかん」と呼ばれていた。ミカンとオレンジの雑種(タンゴール)とされてきたが、研究が進むと、遺伝的にナツミカンに近いことが判明。ナツミカンの枝変わりか、ナツミカンと他のミカンとの雑種ではないかとの説が有力となっている。

 明治22年に愛媛県に渡り、栽培が始まったものの、実は長い期間、人気はなかった。

 昭和40年ごろまでの作付面積は約700ヘクタールで、主力の温州ミカンと比べ20分の1程度にとどまっていた。当時のイヨカンは酸味が強く、農家にとっては栽培が難しく収量が安定しなかったのが理由。このため、愛媛以外のかんきつの産地でも、次第に作られなくなっていった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ