クルーズ船で99人感染 船内業務の厚労省職員も

 厚生労働省は17日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者の新型コロナウイルス検査で、新たに乗客乗員99人が陽性だったと発表した。このうち無症状は70人。これまでに乗客乗員延べ1723人を検査し、感染者は計454人となった。

 これとは別に、船内で連絡調整などの業務に従事していた厚労省の50代の男性職員も感染が確認された。加藤勝信厚労相は記者会見で、職員の感染について「遺憾だ。感染が起きないように徹底したい」と述べた。

 厚労省によると、新たに感染が確認された乗船者99人は20~80代の男女で、そのうち日本人は43人。

 クルーズ船全体では、17日時点で日本人11人を含む60~80代の男女計20人が重症で、そのうちウイルス陽性は19人、陰性が1人という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ