首里城再建支援へ沖縄県物産展 山形

 山形市表蔵王の県観光物産会館で22日から24日まで沖縄県の物産展が開かれる。昨年10月に焼失した世界文化遺産の首里城(那覇市)の再建を支援するため、収益金は同市に全て寄付する。

 物産展では、沖縄そばや黒糖、沖縄肉みそ、泡盛といった飲食品を中心にポーチ、タオルなども販売。会場では22日に沖縄民謡、23日には沖縄の伝統芸能「エイサー」が披露されるほか、焼失前の首里城の写真も展示される。

 山形、沖縄の両県は米沢藩最後の13代藩主、上杉茂憲(もちのり)が第2代沖縄県令を務めた縁があり、茂憲が県令在任中に撮影したとみられる首里城の写真も見つかっている。同館の石沢敏弘・催事企画課長は「募金も始めており、支援をお願いしたい」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ