囲碁対局停止処分の依田九段 「最後の無頼派」の仰天伝説

 2月12日、囲碁界の総本山である日本棋院を不当に中傷したとして、元名人の依田紀基九段(54)が半年間の対局停止処分となった。そもそも依田九段とはどんな棋士なのか--。依田九段を十代のころから知っている囲碁ライターの内藤由起子氏が、依田氏にまつわる“ぶっ飛んだ”エピソードの数々を明かす。

 * * *

 依田九段は1966年北海道美唄市に生まれ、岩見沢市で育った。小学5年生で単身上京し、安藤武夫七段宅で内弟子生活を送る。

 1980年、14歳でプロ入りしたときから「将来の名人」と目され、その期待通り2000年に念願の名人となった。名人4連覇や世界チャンピオンになるなど、トップ棋士として活躍していた。

 一流棋士でも、国民栄誉賞を受けた井山裕太三冠ら平成生まれになると、常識的な人がほとんどだ。けれども、借金にまみれ、アルコール中毒、さらには病気と闘いながら碁を追究した藤沢秀行名誉棋聖に代表されるように、昭和以前生まれは実に個性豊かな棋士が多かった。

 そんな中、依田九段は“最後の無頼派”と評される。

遊びたいがために18歳で独立

 依田九段の師匠、安藤七段は、「衣食住などの環境を整えてやれば、あとは本人のやる気、努力次第」という育成方針だった。

 依田少年は持ち前の集中力で碁に没頭し、碁盤の目(縦横の線)がすり切れて消え、のっぺらぼうになるまで碁石を並べて勉強した。

 その一方で、一般常識と思われるようなことが、できないこともあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ