大阪府立大、新型肺炎受けセンター試験で合否判断

 大阪府立大は18日までに、今月と3月に実施する令和2年度の一般入試の2次試験で、新型コロナウイルスの感染者や感染の疑いがあり受験できない出願者に対し、センター試験の成績で合否を決める特例措置を取ると発表した。

 府立大によると、特例措置の希望者は試験翌日の午後5時までに入試課に連絡する。診断書など医療機関が発行した書類が必要となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ