《新型コロナQ&A(3)》PCR検査はどんなもの?

Q PCR検査はどんなもの?

 精度7割。感染初期は陰性判定も

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べる現在の検査は「PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法」と呼ばれる。感染の疑いがある人ののどや鼻の粘液を採取。専用機器で新型コロナに特有の遺伝子配列を増やし、検出されれば「陽性」、検出されなければ「陰性」となる。検査精度には限界があり、正しい結果は「7割程度」との見方がある。

 感染初期や無症状でウイルスが少ない検体の場合、陰性となることがある。感染者が陰性となって退院したのに再び陽性となるケースも複数確認されており、ウイルスが一度減った後、再び増える「再燃」の可能性が指摘されている。

 今月6日以降、検査に公的医療保険が適用され、専門外来の医師が必要と判断したら実施できる。感染の不安解消のための検査は行わない。政府は1日最大約8千件の検査が実施できるよう態勢拡充を目指しているが、実際にはおおむね1千件台で推移している。

 PCR法では6時間程度かかる検査の迅速化も急務。栄研化学(東京)が開発した検出試薬キットでは「LAMP法」と呼ばれる手法により、検体採取からウイルス検出までを1時間半程度に短縮できる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ