新型コロナ 北海道・釧路地方の70代男性、家族から感染か 道内で治療中の患者は43人

 感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、北海道は4日、道内で同日感染が確認された釧路地方在住の70代男性は、同居の家族から感染した可能性が高いことを明らかにした。

 道によると、この男性は2日に陽性と判明した自営業の40代男性の同居家族で、保健所が健康観察をしていた。無職で発症日前2週間の渡航歴はなく、症状は軽いという。

 道内では4日、札幌市に住む20代の女性会社員と50代の男性会社員の感染も確認され、この日判明した感染者は計3人。

 道によると、4日午後3時時点の道内の感染者は延べ193人。このうち142人が陰性と確認され、治療を終えた。治療中の患者は43人で、うち6人が重症。これまでに8人が亡くなっている。

 また、厚生労働省北海道労働局は4日、職員の感染が1日に判明したため閉館していた遠軽町の北見公共職業安定所遠軽出張所(ハローワーク遠軽)について、6日から通常業務を再開すると発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ