全国に先駆け一斉休校、北海道教委の佐藤教育長が死去

 北海道教育委員会の佐藤嘉大(さとう・よしひろ)教育長が4日未明、自宅で体調不良を訴え、札幌市内の病院に搬送され死去した。62歳。葬儀・告別式は近親者で行う。

 昭和53年、北海道庁入庁。総務部危機管理監、総合政策部長などを経て平成30年6月から現職。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国に先駆けて学校の一斉休校を実施した。3日も道感染症対策本部会議に出席していた。

 佐藤教育長の死去を受け、道教委は「故人の遺志を引き継ぎ、本道教育のさらなる充実に向け、全力で取り組んでまいります」とコメントした。

 鈴木直道知事は「新型コロナウイルス対策においても、一斉休校や分散登校の実施など陣頭指揮を執っていただきました。昨日もいつもとお変わりなく会議でご一緒させていただき、今でもそのお姿がまぶたに浮かんでまいります」などとのコメントを出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ