新型コロナで重症化リスクも! 心肺機能低下につながる高血圧

 【今から始めよう!70代まで働く健康術】

 国内の死因第1位のがんに次いで、第2位をキープし続けているのが心臓病。70代まで元気に働くには、心臓を守ることも大切になる。加齢や生活習慣病などで心臓機能は低下しやすく、新型コロナウイルス感染症のような病気での重症化リスクも高い。では、心臓の健康を維持するためのポイントはなにか。

 「生活習慣病の中でも特に血圧のコントロールが、心臓の健康を左右します。高血圧の状態が長く続くと心臓への負担は重く、心臓の肥大や心臓弁の劣化につながるからです。高血圧を放置しないようにしましょう」

 こう話すのは、東邦大学医療センター大橋病院循環器内科の原英彦准教授。カテーテルを用いた大動脈弁置換術(TAVI)などの弁膜症治療や先天性心疾患の治療を得意とし、心臓病患者を数多く診ている。

 心臓は4つの部屋に分かれ、左上部の左心房から下部の左心室へ流れた血液は、太い要の血管である大動脈へ送られて全身に供給される。高血圧の状態が長く続くと、動脈硬化が進んで大動脈が硬くなるため、左心室が血液を送り出すときにより強い力が必要になる。

 「心臓は1日に約10万回、収縮・拡張を繰り返して拍動しています。高血圧で拍動する力が強くなると、心臓の筋肉である心筋が筋トレと同じようになって、心臓そのものが肥大してしまうのです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ