声優・藤原啓治さん死去…ネットは悲しみ 「訳がわかりません」「野原ひろし大好きでした」

 人気テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)の野原ひろし役などで知られる声優の藤原啓治さんが12日、死去した。藤原さんが代表を務める芸能事務所、AIR AGENCYが16日、公式サイトで発表した。数々の人気作でさまざまなキャラクターを演じてきた藤原さん。突然の訃報を多くのファンが悲しんだ。

 同サイトは16日、「弊社代表取締役及び所属声優である藤原啓治が癌のためかねてより闘病中のところ令和2年4月12日満55歳で逝去いたしました」と報告。通夜と告別式は親族のみで行われ、「誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます」とした。HPはアクセスが集中したと思われ、一時つながりにくい状態になった。

 アニメだけでなく、海外映画やドラマの吹き替えまで、幅広いキャラクターに声を吹き込んできた藤原さん。この訃報を受け、多くのファンがSNSに藤原さんが演じたキャラクター名を入れてツイート。「野原ひろし」「トニースターク」「ホランド」「ロバートダウニーJr」などのワードがツイッターでトレンドに入った。

 同事務所の公式ツイッターには、多くのファンからの悲しみの声が寄せられ、訃報を伝えたツイートのリプ欄には「嘘だぁ……信じられない」「悲しすぎます」「訳がわかりません…」「身内を無くしたかの様な喪失感です 子供の頃からずっと1番好きな声優さんでした」などの返信が届いた。

やはり、野原ひろしと絡めた投稿が目立ち、SNSには「野原ひろし大好きでした…」「あなたの演じる野原ひろしが好きだった」「野原ひろしはずっと藤原さんの声で私の中で生きてます」などの声が相次いだ。

 藤原さんは1964年10月5日生まれ、東京都出身。2016年8月に病気療養のため仕事を休み、17年6月から少しずつ仕事を再開していた。休業中だった野原ひろし役は、声優の森川智之が引き継いでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ