シャープ「決してぼったくるための値段では…」 マスク50枚で2980円にネットの声は?

 シャープは20日、新型コロナウイルスの影響で品薄状態が続いている不織布マスクを、21日から同社のECサイトで販売するとホームページで発表した。価格は50枚入りで2980円(税抜)。1人1箱までで送料に600円(税込、全国一律)かかる。ツイッターでは同社の公式アカウントにユーザーから賛辞が贈られたが、価格についてはさまざまな意見があったようだ。

 マスクのサイズは約95ミリメートル×175ミリメートル。液晶パネルの製造が可能な三重県・多気工場のクリーンルームで製造された。性能については「ウィルス飛沫や微粒子も99%カット」するという。

 各地でマスク不足が続いていることから多数の申込みが予想される。同社は、購入希望者に無料で会員登録をしてもらった上で「購入日含め3日間は再購入をお断り」するなどのルールを設けることで、多くの人にマスクが行き渡るようにしたいとしている。

 同社のツイッター公式アカウントには「おおおおおお!シャープさんすごい!!!!!」「待ってましたぁ 安心の国産」「SHARPさん、大変な時に作っていただきありがとうございます」「マスク生産ありがとうございます!買えなかった方の手元に届きますように」などの感謝のメッセージ相次いだ。

 一方で、販売開始はありがたいが、1枚あたり税込み約65円という価格が高いという投稿も見られた。新型コロナウイルスが広がる以前は、50枚入りで1枚あたり10円を切ることも珍しくなかったため「最近のマスクって3000円当たり前なの?!」「高級マスクだ」「ついに!しかし、いいお値段、、」などと割高感があったようだ。ユニークな投稿で知られる同社のアカウントは「ちょっとお高い点もすみません」「私も長らくこの会社で働いているのでわかりますが、決してぼったくるための値段ではないことは、申し添えておきます」と理解を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ