牛乳や乳製品「モ~1つ買って」農水省の呼びかけに賛同集まる 「バターが品薄」の声も

 学校の休校に伴う給食の中止などの影響で、牛乳や乳製品の消費が縮小しているのを受け、農林水産省は21日、家庭で牛乳やヨーグルトなどを普段より1つ多めに買ってほしいと呼びかけた。ネットでは賛同の声が広がっている。

 同省は同日、牛乳や乳製品の消費を後押しする「プラスワンプロジェクト」を開始した。牛は春先に出産のピークを迎え、出産から1~2カ月の時期にあたる4~6月に生乳(しぼったままの乳)が多く生産される。

 だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴ない業務用の需要が大きく落ち込んでいる。乳を搾らないと牛が病気になる恐れがあるという事情も重なり、生乳を大量に廃棄する状況に陥りかねない。同省は、暑さで牛の乳量が減る時期までの間、家庭で牛乳などの消費を増やし危機を回避したい考えだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ