楽天、検査キット販売代理見合わせ 「英断」?ツイッターで評価二分 「孫さん凄かった」三木谷氏と比較も

 楽天は30日、新型コロナウイルスを検出できるという法人向けPCR検査キット(1セット税込み1万4900円)について「一時的に販売代理を見合わせる」と発表した。同検査キットに関しては、発売された20日から多くの課題が指摘されており、ネットではさまざまな意見が出ている。

 楽天は、販売を担うジェネシスヘルスケアの取締役会が28日に行われ、経営体制の変更が決議されたため販売を見合わせたとしているが、詳細な理由は不明。楽天の三木谷浩史会長兼社長はジェネシスヘルスケアの社外取締役を務めている。

 同検査キットは、購入した法人の社員らが採取した検体をジェネシスの担当者が回収し、数日後に結果が届くという仕組みだった。ただ、医療行為ではないため、感染の有無を確定させる診断には使えず、結果を受けて医療機関に問い合わせが相次ぐ懸念が指摘されていた。また、自分で鼻の奥に綿棒を入れて検体を取る際に粘膜を傷つけてしまう恐れや、正しく採取されないことで誤った判断が行われる可能性などもある。

 ツイッターでは販売代理を見合わせるというニュースを受けて「英断だった」「思いとどまってくれてよかった」などとのコメントが見られた。20日から東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県の法人向けに提供し、5月以降に対象地域を拡大するとしていたことから、混乱が大きくなる前に決断したことが評価されたようだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ