伝説のゲームMOTHERが本に 盛り上がるSMAPファン「キムタクのCM」「好物がもりソバ」

 コピーライターの糸井重里さんが社長を務める「ほぼ日(にち)」は30日、糸井さんがゲームデザインを手掛けた家庭用ロールプレイングゲーム「MOTHER(マザー)」シリーズの本を年末に発売すると発表した。今も業界に強い影響を残す“伝説のゲーム”に本で再会できることにファンは喜んでいるが、同時にSMAPのファンの間でも話題になっている。

 同シリーズは現代風の世界を舞台に、少年少女がエイリアンなどと戦うゲーム。本には「MOTHER」(1989年、ファミリーコンピューター)、「MOTHER2ギーグの逆襲」(94年、スーパーファミコン)、「MOTHER3」(2006年、ゲームボーイアドバンス、いずれも任天堂)の3作の「ことばのすべて」が収録される。ゲーム内の独特なセリフや、「エンディングまで、泣くんじゃない。」(MOTHER)、「大人も子供も、おねーさんも。」(MOTHER2)などのキャッチコピーが印象に残っているファンは多いようで、ツイッターには「MOTHERのことばが令和に蘇る、、、すごい、、、!」などと歓迎する投稿が見られた。

 その中には、「MOTHER2のCMといったら木村拓哉」「MOTHER2のCMはSMAPのキムタクが出演していて有名だったね」などとSMAPに関する書き込みも。「MOTHER2」では、テレビCMに歌手・俳優の木村拓哉が出演し、キャラクターや好物に「たくや」「つよし」「しんご」などの当時のSMAPメンバーに関連した名前を付けられるようになっていたことから、懐かしむファンがいたようだ。「MOTHER2の好物といえばSMAP系ネームで『もりソバ』がある辺りに当時を感じられて好き」と、96年にSMAPを脱退したオートレーサーの森且行についてつぶやく人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ