米大手百貨店初のコロナ破綻にネットも驚き…「ニーマンマーカスも倒産とは」「日本の百貨店は平気?」

 米高級百貨店のニーマン・マーカスが現地時間7日、経営破綻した。米メディアが報じた。新型コロナウイルスの感染拡大により事業が行き詰まったもので、日本の民事再生法に当たる連邦破産法11条の適用を裁判所に申請した。新型コロナウイルスによる米大手百貨店の経営破綻は今回が初めて。日本人にとってもなじみのある百貨店だけに、ネットでもさまざまな声があがっている。

 テキサス州ダラスで1900年代に創業したニーマン。富裕層向けの高級ブランドのラインアップに定評があり、ハワイを含め約40店舗が展開されていた。SNSには「ニーマンマーカスが破綻か。これマジでショックだわ…」「バブル世代のおばさんにはショックかも」などの声。「化粧品くらいしか買ったことないけどあのキラキラした世界には憧れながら横を通ったこと数え切れず」「初めての海外旅行で、初めて買い物したお店がニーマンマーカスだったから、ちょっと寂しい」とニーマンにまつわる思い出を書き込むネットユーザーも少なくなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ