無印良品が「コオロギせんべい」発売 SNSで話題騒然「エビのような感じなんだ」「この状態なら…」

 「無印良品」を展開する良品計画は13日、昆虫のコオロギを使用した「コオロギせんべい」を同ブランドのネットストアで20日から先行販売すると発表した。強烈な新商品にネットでは衝撃が走った。

 同商品は、昨年に企画が発表されたときも話題となったが、発売日や価格など詳細が明らかとなり、再び注目された格好だ。人口増加による今後の食糧確保や環境問題などの課題を考えるきっかけになればという思いから企画が始まり、徳島大学と協業し、開発した。

 同社のコオロギせんべいは、同大の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギを使用。おいしく食べられるように、コオロギをパウダー状にしてせんべいに練りこんだ。コオロギの味を生かすために余計な原料は使用していない。気になるお味は、エビに近い香ばしい風味を楽しめるという。

 同社によると、コオロギは主要な栄養素を多く含み、栄養素を効率よく摂取できるそうだ。また、生育するためのコストも少なく、環境負荷の面でもメリットが大きいため、食用に適していると国内外で注目されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ