小泉環境相、生物多様性の勉強会発足へ

 小泉進次郎環境相は22日の記者会見で、気候変動で絶滅危惧種が増えることなどが懸念される中、省内で生物多様性を保全するあり方を考える勉強会を6月にも立ち上げると発表した。来年改定する政府の「生物多様性国家戦略」への反映を目指す。「ダニ先生」として知られる昆虫学者の五箇(ごか)公一氏らが参加する。

 小泉氏は、生物多様性のあり方について「自律分散型、脱炭素型の社会に変えていくことが重要だ。気候変動や新型コロナウイルスからの復興を一体的にとらえ、新たな経済社会の設計につなげていきたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ