ドラクエの記念日をファンが祝福「母がDQ3を音読してくれた」思い出語るネットユーザーも 堀井さんは制作秘話公開

 スクウェア・エニックスの国民的ロールプレイングゲーム(RPG)「ドラゴンクエスト」シリーズで知られるゲームクリエイターの堀井雄二さんが27日、ツイッターを更新。ドラクエシリーズが「34歳の誕生日」を迎えたのに合わせて制作秘話を明かし、ファンらを驚かせている。

 ファミリーコンピュータ用ソフトの初代ドラクエは1986年5月27日に発売された。ツイッターには「#ドラクエの日」というハッシュダグ(話題をまとめる機能)を使って「34周年おめでとうございます! これからもずっと大好きです」「ドラゴンクエストの登場で私の人生は大きく変わってしまったぞ! ありがとう御座います」と記念日を祝うファンのコメントが相次いだ。「字が読めない自分のために、母がドラクエ3を音読してくれた」などと家族との思い出を語る人もいた。

 初代ドラクエでは最後の戦いを前に、悪役の竜王が「世界の半分をやるから味方になれ」と主人公の勇者を誘惑するシーンがある。これについて堀井さんは「ドラゴンクエスト34歳の誕生日、ありがとうございます。当時、竜王に初めて会ったとき、なんて言われるのが、1番びっくりするだろうと考えたのが、『味方になれば世界の半分をお前にやろう』でした」と投稿。ドラクエ以前に手掛けたアドベンチャーゲームで、衝撃的な結末が今も語り継がれる「ポートピア連続殺人事件」(83年)を振り返りつつ「ボク的には、犯人はヤス、に続く流れでした。思い起こすと、いろいろ懐かしいです」と続けた。

 シリーズの生みの親が明かした秘話にファンらは「この発想はすごいよなぁ」「苦労してたどり着いて、こいつを倒せば終わりだ!って時にそんなセリフが出て、一瞬固まりましたね」と盛り上がっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ