アマビエは安倍政権の陰謀!?正体はクルーズ船? 飛び交うトンデモ説

 疫病から人間を守ってくれるという妖怪「アマビエ」をねたにした“トンデモ説”がSNSで飛び交っている。

 アマビエは弘化3年(1846年)、肥後国(現在の熊本県)の海に現れたとされる妖怪。3本の脚のような尾を持つ人魚のような姿をしており、疫病が流行したら私の絵を人々に見せなさいと言い残したという。

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した3月頃からSNSで話題になり、多くの人がコロナ退散の願いを込めてアマビエのイラストを投稿した。関心を持った海外のアーティストらも参加している。

 だが、空前のブームの裏には「安倍晋三首相の陰謀」があったという趣旨の書き込みが26日から増えている。このトンデモ説を取り上げた複数のメディアによると「AMABIE(アマビエ)」を並び替えると「I AM ABE」になるのが“根拠”だという。瞬間的に絵や文字などを見せることで潜在意識を刺激する「サブリミナル」効果で安倍政権の支持を高めようと画策していると、冗談とも本気ともつかないことを熱弁する人もいる。当然というか、ツイッターやネット掲示板では「こじつけだ」「甘エビもI am ABEになるけどな」などと、呆れたような反応が多い。

 ツイッターで過去の投稿を振り返ると、報道機関がアマビエを取り上げた3月の時点ですでに「I AM ABE」のアナグラム(文字を入れ替えて別の意味にする言葉遊び)が発見されていた。「IMA ABE」と並び替えて「今こそ安倍首相を支持しろ」という意味が隠れているとした“別パターン”もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ