東京アラート実効性は 休業要請対象の店で感染拡大

 東京アラートを経ても感染状況が悪化した場合、幅広い業種・施設に対して特措法24条や都独自の休業再要請を実施することが想定されている。ただ事業者は感染リスクのある密閉・密集・密接の3密回避に向けて取り組んでおり、幹部は「一度緩めた要請を再度、強めた場合に理解、共感を得られるか課題だ」と分析。都関係者は「東京アラートで感染を抑止し、再要請を回避することが最善だ」と指摘する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ