ブサカワ「わさお」の死にネットも涙 SNS「天国でお母さんに会えたかな?」「志村園長にたくさん遊んでもらってね」

 不細工だけどかわいい“ブサカワ”で人気を集め、青森県鰺ケ沢町で暮らしていた秋田犬のわさおが多臓器不全で死んだことを受け、9日、ネットに悲しみの声が広がった。ヤフーのトレンドランキングでは同日、「わさお」が一時トップに立ち、ツイッターでも「わさおくん」がトレンド入り。SNSには、多くのファンからさまざまな言葉が寄せられた。

 捨て犬だったわさおは2007年、同町で保護され、見た目の愛らしさからインターネットやテレビで人気となった。11年には映画「わさお」が上映され、人気バラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)でもその様子がたびたび紹介されるなど、幅広い層から注目を集めた。推定13歳で、人間では90代前半に当たるとみられる。支援団体「わさおプロジェクト」によると、今年4月以降は足腰が弱って立ち上がれなくなっていた。

 ツイッターには「わさおまじか……」「信じられない」など、驚きの声がズラリ。白いフサフサの毛と小さな目で多くの人たちを癒しつづけたわさおへの感謝の言葉も多く、「TVで見て楽しかったな 幸せをありがとう」「日本中に癒しをありがとう」「お疲れ様でした 天国でも幸せに暮らすんだよ」といったコメントも目立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ