自転車にもドラレコが必要? 「あおり運転」規定で不安の声も

 執拗にベルを鳴らすなどして、他の車両を妨害する自転車のあおり運転を「危険行為」と規定した改正道交法施行令が9日、閣議決定された。施行は30日。ネットユーザーからは「車だけでなく自転車にもあおり運転があるのか」と驚く声が上がる一方、期待と不安が入り交じるコメントが見られた。

 道交法では自転車の危険行為を「信号無視」「酒酔い運転」などの14項目で分類しており、新たに、あおり運転に当たる「妨害運転」が加わる。自転車、自動車、バイクの通行を妨げる目的で、逆走して進路をふさぐ、幅寄せ、進路変更、不必要な急ブレーキ、ベルをしつこく鳴らす、車間距離の不保持、追い越し違反の7行為が「妨害運転」になると想定される。

 14歳以上の場合は、3年間に2回違反があると安全講習の受講が義務化され、受講しないと5万円以下の罰金と定められている。

 ツイッターでは、特に「ベルをしつこく鳴らす」行為が注目され、何度も自転車のベルを鳴らす人が減ってくれたら、と期待するコメントがあった。その一方、妨害運転の被害に遭ったことを証明するのは難しいとして「自転車にもドライブレコーダーつける時代になるかも」とつぶやく人もいた。

 違反が確認されてから講習を受ける、という流れについては「自転車を購入したら道交法の本を渡して、読む事を必須にすれば少しはまともになるのでは?」「中学校で定期的に講習を」などの意見が散見された。一定数の人が、あらかじめ講習やテキストでルールを学んでおけば、違反が減ると考えているようだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ