ビデオ会議は“カンペ”でスムーズ進行 アイデア商品に「天才か」の声

 これなら発言するタイミングに迷う人も安心!? コロナ禍を機に、採用する企業や団体が増えているビデオ会議を、円滑に進めるためのアイデア商品が話題を呼んでいる。

 パソコンの周辺機器などを販売するサンワサプライは15日、カメラ越しに相手に意思を伝えるウェブ会議用カード「300-SIN001」を自社の直販サイトで発売した。価格は1073円(税抜)。

 カメラ越しに相手に意思を伝える…と聞けば難しく感じられるが、実は「話してもいいですか?」「離席します」「画面共有にしてください」など10種類のメッセージが書かれた名刺サイズのカードと、カードを立てるスタンドなどがセットになった、なんともアナログな商品だ。ビデオ会議中、ウェブカメラに向かってカードを見せることで、発言者の話を遮ることなく自分の意思を示せるという。“カンペ”のような使い方ができるアイデア商品というわけだ。

 ツイッターやネット掲示板では、チャット欄にコメントを書き込むなどの対応で十分ではないか、という意見もあったが、一部のネットユーザーは「笑っちゃったけど確かにあったら便利そう」「天才か…。実際便利だ」「すごい商品見つけた」などと大盛り上がり。「視覚的な意思表示! これはいいな」「話が被ることはよくあるね」と、ビデオ会議のスムーズな進行に役立つのではないかと感心するツイートも多く見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ