新潟市、16日ぶりに感染者 東京で感染か…県内84人目

 新潟市は4日、市内に住む外国籍の20代男性会社員の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。男性は6月下旬、都内に数日間滞在して帰宅しており、市は都内で感染した可能性があるとみている。新潟県内で感染者が確認されたのは先月18日以来16日ぶり。感染者数は計84人になった。

 市によると、男性は先月30日、東京駅から新潟駅まで上越新幹線に乗って1人で移動し、同駅から自宅までタクシーで帰った。2日後の今月2日、男性が都内で接触した人の新型コロナ感染が判明し、男性もこの日、38度台の発熱やだるさがあった。

 市内の帰国者・接触者相談センターに相談のうえ、3日にPCR検査を受けたところ、4日に陽性が判明した。現在、熱は下がっているが、市は入院に向けて調整している。

 男性は1人暮らし。東京から帰宅後の今月1、2の両日は会社に出ていたといい、市は男性の濃厚接触者を調べている。不特定多数の人と接触するような仕事ではないという。

 市によると、男性は東京で夜の繁華街には行っていないと話している。東京に行った目的については公表していない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ