1個1万円、食べられないのに人気の「四角スイカ」 国の“お墨付き”も

国の“お墨付き”

 四角スイカは、同市のふるさと納税の返礼品にも採用されている。令和元年度は、4万円を寄付した3人に四角スイカを贈った。市政策課によると、来年度も返礼品にする予定といい「特産品として積極的にPRしたい」としている。

 昨年6月には、地域特有の農産物や食品を国がブランドとして保護する「地理的表示(GI)保護制度」に「善通寺産四角スイカ」として登録された。すでに登録されている「夕張メロン」「神戸ビーフ」などと同様、手厚く保護される。国の“お墨付き”を得て販売できるため、付加価値が高まると期待される。

 空調のよい場所に置き、必要以上に触らなければ1年以上飾ることも可能という四角スイカ。山下さんは「新型コロナの影響で気分が落ち込みがちだが、四角スイカを見て楽しんでもらえたら」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ