立民・枝野代表の「#宇都宮」ツイートで餃子が風評被害に?

 ツイッター上には「単に#宇都宮をツイートしたいだけの姑息なツイート」などとの比較的ソフトな批判から、「普通、タグ付けるのなら #宇都宮餃子 って“餃子”までで一単語なんじゃないの?」「えだのんが宇都宮餃子に言及したのは本当にたまたまだったとしても、便乗ツイートの多くが都知事選タグを打っている以上、それらは実質的な投票呼び掛けの意図があると解されて当たり前」などと、発信内容に何らかの“意図”を読み取る意見まで、さまざまに投稿されている。

 これら一般ユーザーの反応に驚いたのが、宇都宮の地域活性化と餃子の普及振興を目的とした協同組合「宇都宮餃子会」。たまたまエゴサーチしたところ、この騒ぎに出くわしたようで、公式ツイッターで

「宇都宮餃子をいろいろな方に美味しく食べていただきたい そう願って毎日各店の店主さんたちが頑張っています。それをもっとたくさん広めたい…ただそれだけです!!

#宇都宮餃子

#エゴサしてびっくり

#そして少し悲しくなった

#宇都宮餃子を嫌いにならないでください」

と、つぶやいた。

 このツイートに対し「宇都宮餃子は悪くない!」「とんでもない風評被害」など、同情の声が多数寄せられ、6日13時現在で1.8万リツイートにのぼっている。ちなみに、元になった枝野氏の投稿に対するリツイートは、4900台。枝野氏が今回のツイートで実質的な選挙活動を意図していたかどうかは定かではないが、支援していた宇都宮氏が選挙に敗れた一方で、宇都宮餃子の存在感アップに一役買う結果になったのは間違いないようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ