米ブルックス・ブラザーズ破綻でネットに衝撃 SNS「青春時代の思い出の店が…」「時代の変化」「シャツといえばBBだった」

 米衣料品大手「ブルックス・ブラザーズ」が8日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請したことを受け、ネットにも衝撃が走った。同日、ツイッターでは「ブルックスブラザーズ」「破産法申請」がトレンド入り。アメリカントラッドファンからさまざまなコメントが寄せられた。

 米メディアによると、新型コロナウイルスの感染を防ぐ店舗の営業規制が打撃となり破綻に至ったとみられる。米国では新型コロナの感染拡大を受け、衣料品大手Jクルー・グループや、百貨店大手JCペニーなど、破綻が相次いでいる。

 この一報にネットは騒然。SNSには「まじでか!?」「ブルックスブラザーズ破綻は衝撃過ぎ」「ブルックスブラザーズ好きとしては…悲しいのう…」「想い出のブランドが…」「俺の青春時代の思い出の店が…」「時代の変化かなー」「悲しいですね。アパレルは厳しい状況が続きそうですね」などのコメントが殺到した。根強いファンからの今後に期待する投稿も見られ、「ショックすぎるが、次なる展開への変化だと信じている。大好きなブランドだから」というつぶやきもあった。

 アメトラを語るうえで欠かせないブランドの1つ、ブルックス・ブラザーズ。リボンで吊り下げられた子羊のロゴに憧れた昭和~平成世代にはこのニュースは衝撃的だったようで、SNSにはブランドにまつわる思い出が続々と寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ