アジサイ825種とユリ36種見頃 福島

 最も多品種のアジサイを展示する施設としてギネスブックに認定された、福島県平田村のジュピアランドひらた公園にある「世界のあじさい園」と「ゆり園」が見頃を迎えた。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大で開園中止を見込んでいたが、6月19日の移動自粛全面解除を受け急遽(きゅうきょ)、今月1日から26日までのオープンを決めた。来場者にはアルコール消毒やマスク着用などを呼びかけている。

 825種2万7千株のアジサイと36種1万8千本のユリが楽しめる村営施設。同村産業振興室の生田目(なまため)好男室長は「みんな新型コロナで沈みがち。ルールを守って楽しんでほしい」と話す。

 同県いわき市から訪れた会社員の女性(24)は「外出自粛でずっと会えずにいた高校の友人と来た。初めてだけど本当にきれい」と屋外の解放感を楽しんでいた。

 入場料は高校生以上500円。今年は同園の収益のうち、経費を除く全額を新型コロナ感染症対策支援金として、医療関係機関に寄付するという。同公園では緊急事態宣言が出ていた大型連休中にシバザクラが満開になったが、公開を見合わせていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ