豪雨災害「その後」も怖い避難所“3密リスク” コロナとの「複合」も警戒…専門家「食中毒や、大腸菌感染の懸念も」

 気象庁は8日、岐阜、長野両県に大雨特別警報を発表、最大級の警戒を呼び掛けた。記録的な豪雨となった九州では、多くの地域で河川の氾濫などで道路が冠水、住宅が泥水や土砂に埋まった。水害による直接の被害も恐ろしいが、避難生活や復旧作業で警戒すべきなのが感染症だ。今年は新型コロナウイルスの感染もあるだけに、一層の注意が必要だ。

 岐阜県下呂市では飛騨川が氾濫、大雨による土砂崩れなどで道路が寸断され、約400世帯が孤立状態となった。

 8日朝の時点で九州の犠牲者は福岡、熊本両県の計56人。心肺停止は2人、行方不明者は12人に上る。10日午前6時までの48時間予想雨量は、東海350~450ミリ、近畿250~350ミリ、九州南部200~400ミリ、四国、関東甲信200~300ミリと各地で大雨が予想されている。

 熊本県など各地の避難所では、新型コロナ対策として職員が問診票の記入や検温に追われた。「避難所クラスター(感染者集団)」を発生させないための取り組みだが、3密(密閉、密集、密接)の回避は簡単ではない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ