千葉県で31人感染確認 緊急事態宣言解除後で最多

 千葉県で12日、男女31人の新型コロナウイルス感染が確認された。県と千葉市、船橋市が発表した。県によると、1日当たりの感染判明者数は緊急事態宣言解除後では最多となり、30人以上は4月18日以来。

 県が発表した19人のうち、9人は浦安市の「タムス浦安病院」の入院患者と看護師だった。患者は60~90代以上の男女6人で、看護師は20~30代の女性3人。重症者はいない。すでに看護師1人の陽性が判明しており、感染者は計10人となった。患者と病院スタッフ84人の検査を進めている。

 各自治体によると、ほかの感染者のうち、少なくとも16人は通勤や通学などで東京都内との往来があった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ